業者に頼んでも、思うように仕上がらない。

丸投げをしても結局、自分たちで文章と画像を準備しないといけないんだよね~。あれ、なんとかならないの?


文章作りも画像選びも自分でやりたくないんだよね。忙しいし、文章書くセンスもないし、画像も何を選んでいいのかわからないし、本当は、そこをやってほしいのにさ。


日々の業務が忙しくて、文章を作ったり、画像を選んだりする時間をとるのが難しいんです。だから、つい後回しになってしまいます。


全部やって欲しい気持ち、わかります。

でも、一般のホームページ制作では、

「コンテンツは御社で準備してください。」

と言われますよね。

コンテンツ、コンテンツってさ、そんな専門的なこと専門家であるホームページ屋さんがやってくれたらいいんだよ。こっちは毎日業務に追われて忙しくてなかなか時間がとれないよ。


ホームページにはコンテンツが肝心だとはわかってはいて、勉強もして原理原則は理解できているつもりだけれども、それを実際に形にする方法がわからないんだよね。悶々とパソコンに向かってはみるけれども、時間ばかりがたって結局なにも進まないんだよね。


業者に頼んでも、思うように仕上がらないのはどうして?

「言語化」「可視化」できていないのが、ホームページがうまくいかない原因。

経営の武器になるホームページには「コンテンツ=情報」が肝心だとわかってはいても、コンテンツを作り出すのは非常に難しく、例えば、SWOT分析を勉強してもそれをコンテンツに活かす技術がないというのが現実です。

 

これでは、あいまいなまま、とりあえず…と作りこまれていないコンテンツを業者に出して、デザインが見えてくると「あれ?なんだかしっくりこないなあ?」となってしまいます。

 

分析ができたとしても、分析結果を「言語化」「可視化」できていない、できないのがホームページ作りがうまくいかない原因です。

きれいなホームページが欲しい。

Google検索などで御社のページにたどり着いて、CLICKした瞬間にきれいなページが広がる。

もちろん、これはとても大切なことです。

 

見た目にきれいなページであるということは、見に来られたお客様に「もっと続きを見てみたい!」と思わせます。そして、ページをスクロールしたり、バナーをクリックしたりして、自分に必要な情報を探し始めるのです。

 

ところが、美しくないホームページは「好奇心」をしぼませてしまいます。次を見るどころか「back」をクリックしてもっときれいで見やすい他社のホームページを探しに行ってしまいます。

売れるホームページ=

コンテンツ×デザイン


ホームページ作りのボトルネックは「コンテンツ作り」?

ホームページにコンテンツが大切だってことは、重々わかります。だから、勉強もしましたよ。

マーケティングとか…でも、原理原則はわかってもどうやって形にしたらよいかわからないんだよね。


コンテンツを作るスキルがない。

コンテンツを作るスキルがないことが原因で、コンテンツである「文章」をつくったり、ホームページにのせる画像を選ぶ作業に時間がかかりすぎてしまったりしてしまいます。

 

「時間がかかる」ことが容易に想像できるので、後回しになってホームページの完成がどんどん先送りされてしまうということが起こってしまいます。

丸投げしたのにしっくりこなくて悶々とする。

そして、めんどうになって「何か適当に載せておいてよ」と業者にお願いして、いざ出来上がってきたのを見ると本意ではないことに気が付き、修正をあちこち伝えるなんてことになったら、デザイナーがせっかく御社のために作り上げたデザインがめちゃくちゃになってしまいます。

 

これは、時間も労力ももったいないことです。そのうち疲れて妥協し結局、納得のいくものができないということになってしまいます。というか、今までそういう経験ありませんでしたか?

 

コンテンツを絞り出し、まずは、ホームページを作る人(業者)にしっかりと伝えないと理想のホームページにたどり着きません。

なぜ、せっかくお金と時間をかけて作ったのに、

納得のいかないものができてしまうのでしょう?

伝えないといけないことを伝えていない。

そもそも、デザインに入る前に御社のターゲットやコンセプトをしっかりと業者に伝えていられたらこんなことは起こらなかったはずです。また、業者が御社にヒアリングする力があればこんなことにならなかったはずです。 

あなたの会社、店舗のことは、あなたもしくは社内の人間にしかわからない。

「あなたの会社、店舗のことは、あなたもしくは社内の人間にしかわからない。」 

 

ということを自覚し、社内の人間が当たり前にわかっていることを、御社と初めて出会うひとに伝わる形で、もっというならば、初めて出会うその人が何を知りたくてホームページに訪れているのかを想像してその人が知りたがっている

「情報=コンテンツ」

を絞り出し、まずはホームページを作る人(業者)にしっかりと伝えないといけません。

今度こそ「経営の武器になる」ホームページを持つ!

ホームページに求めるもの
  • ホームページを活かして経営の武器にしたい
  • コンテンツに納得のいくホームページを持ちたい
  • 自社で更新ができるホームページを持ちたい
  • 担当者が変わっても引継ぎが簡単なもので作ってほしい
  • デザイン、セキュリティ、レスポンシブなど時代に乗り遅れないホームページを持ちたい

.あぽじらのホームページ作り
  • マーケティングを知らなくても弊社がヒアリングし分析、コンテンツ設計します。
  • 素人でも扱いが簡単なJimdoで制作いたしますので、完成後の更新がスムーズです。
  • アフターフォローも万全です。
  • デザイナーによるデザインのホームページを持つことができます。
  • 制作したホームページはすべてレスポンシブ対応です。
  • SSL対応が標準装備で安心(https://ドメイン)です。

【レスポンシブとは?】

スマートフォンやタブレットでホームページを見たときに最適の状態で閲覧できるよう自動で切り替わる機能のこと。

【SSL対応とは?】

SSLを実装し、通信を暗号化することで第三者による盗聴・改ざんを防ぎます。ホームページのアドレス(URL)の頭がhttps://となっているものがそうです。2018年7月よりSSL化していないサイト「http://」は「保護されていません」と警告が表示されるようになっています。 


.あぽじらのホームページ作りは、お客様と制作者が共通理解を持つために、

とことん丁寧なヒアリングを行い、

よりよいホームページができることを目指します。

ホームページ制作のながれ

お申込み・ご契約

徹底的なヒアリングで設計するコンテンツデザイン

徹底的なヒアリングでターゲットを明確化し、目的を設定します。

その目的を達成させるためにホームページ上でお客様とどうコミュニケーションをとるかを考え設計していきます。

 

約1か月間のヒアリング

 

ヒアリングしたリソース(素材)から分析した結果でコンテンツを設計していきます。文章作りや、画像選びが驚くほど楽になることを実感できます。担当者も一緒に考えたり、文章の添削も行います。

 

さらに、1か月~2ヶ月のヒアリング



デザイナーによるホームページデザイン

ホームページ作りの難所「コンテンツ作成」をとことん行ってからデザインへと入っていきます。各ページへの導線も、全体が見えているのでイメージしやすくなります。

実はデザインはあっという間に形になることを実感いただけると思います。

 

1か月~2ヶ月(デザイナーの状況による)



SEO対策とアフターフォロー

Google検索で見つけてもらいやすいように対策を施します。

JimdoへSEO設定や、Googleアナリティクスなどの外部対策がSEOには重要です。

 

Jimdoの有料版ですと、各ページのURLも指定できますので、ブログやfacebookにリンクを貼り付けたときにURLが美しく表示されます。

完成後もホームページは育てていくのがベストです。操作方法、マーケティングの相談などのアフターフォローも行っております。


制作事例

制作料金・制作時間

ホームページの規模、ご予算に応じた3つのコースをご用意しております。