· 

小規模事業者時速化補助金

「令和元年度補正予算 日本商工会議所 商工会議所持続化補助金」の第4回締め切りが2021年2月5日(金)となっています。

一般型と、事業再開枠とあり上限上乗せの場合もあるので検討してみる価値はある補助金かと思います。

 

「補助金」でお金をもらえたら便利!

 

と飛びつく方もいると思います。

2020年コロナ化でいろいろ繰り出された補助金に助けられた人も多いでしょう。

ただ中には「あそうか」と気が付いた方もいるかと思います。

 

補助金を受けるためには、必要であると申請したものにいったん支払いを起こせるだけの力がないといけないということを。

例えば、小規模事業者持続化補助金一般型の場合、50万円の補助金を受けるためには75万円プラスその消費税分を先に支払わないといけません。

消費税分を合わせると、82万5千円です。

 

ゆえに単純に計算して、補助金をもらっても32万5千円の持ち出しが生じます。

 

この単純なことをわかっているようで、理解していない人が意外と多い。

本当に必要!!絶対必要!!というものであれば、本当は80数万円いるのだけれども、補助金が採択されれば50万円戻ってくるラッキー!!という人ならいいのですが、

 

「補助金採択されたら買う」程度の意思であったなら、本当に必要かどうかよく考えるとよいです。

 

手元に資金がない場合、採択されるとまずは資金調達をしないといけなくなります。

そして、事業を実施するための業者などを探さないといけません。

のんびりしていると、あっという間に締め切り間近になってしまい、やりたいことがやれなかったということになってしまいます。

 

採択されたのに使わなかったら、採択されたかった人たちに申し訳ないです。

 

本当にやらなければならないことなのか。

手元に80数万円使ってもいい資金があるのか。融資や借り入れをしてまでやりたいことなのか。

特に、個人事業主で細々やっている人は安易に飛びつかず、ちゃんと考えるようにしましょう。

 

そして、補助金申請の申請書を書くには、文章力が必要です。申請書を審査する人に伝わる内容でないといけません。思いのたけをぶちまけても感情論でゲットできるものではありません。

この人にこの補助金は必要だよねと納得させられる申請書であることが最低限必要です。

 

ということで、挑戦しようと思っている方、締め切りまでしっかりと作り上げてみませんか?

「令和元年度補正予算 日本商工会議所 商工会議所持続化補助金」の第4回締め切りが2021年2月5日(金)となっています。

一般型と、事業再開枠とあり上限上乗せの場合もあるので検討してみる価値はある補助金かと思います。

 

「補助金」でお金をもらえたら便利!

 

と飛びつく方もいると思います。

2020年コロナ化でいろいろ繰り出された補助金に助けられた人も多いでしょう。

ただ中には「あそうか」と気が付いた方もいるかと思います。

 

補助金を受けるためには、必要であると申請したものにいったん支払いを起こせるだけの力がないといけないということを。

例えば、小規模事業者持続化補助金一般型の場合、50万円の補助金を受けるためには75万円プラスその消費税分を先に支払わないといけません。

消費税分を合わせると、82万5千円です。

 

ゆえに単純に計算して、補助金をもらっても32万5千円の持ち出しが生じます。

 

この単純なことをわかっているようで、理解していない人が意外と多い。

本当に必要!!絶対必要!!というものであれば、本当は80数万円いるのだけれども、補助金が採択されれば50万円戻ってくるラッキー!!という人ならいいのですが、

 

「補助金採択されたら買う」程度の意思であったなら、本当に必要かどうかよく考えるとよいです。

 

手元に資金がない場合、採択されるとまずは資金調達をしないといけなくなります。

そして、事業を実施するための業者などを探さないといけません。

のんびりしていると、あっという間に締め切り間近になってしまい、やりたいことがやれなかったということになってしまいます。

 

採択されたのに使わなかったら、採択されたかった人たちに申し訳ないです。

 

本当にやらなければならないことなのか。

手元に80数万円使ってもいい資金があるのか。融資や借り入れをしてまでやりたいことなのか。

特に、個人事業主で細々やっている人は安易に飛びつかず、ちゃんと考えるようにしましょう。

 

そして、補助金申請の申請書を書くには、文章力が必要です。申請書を審査する人に伝わる内容でないといけません。思いのたけをぶちまけても感情論でゲットできるものではありません。

この人にこの補助金は必要だよねと納得させられる申請書であることが最低限必要です。

 

ということで、挑戦しようと思っている方、締め切りまでしっかりと作り上げてみませんか?