集客できる!WEBコラム

ジンドゥーの機能で「facebook」というのがあるにはあるのですが、「facebook接続する」というボタンだけが現れて、facebookページを見るのにひと手間かかってしまいます。 これを回避するには「</>ウィジット」機能を利用してfacebookのページプラグイン機能を使います。ここでは、その設置方法について書きました。

お客様に気に入られるコツというのは、とてもシンプルです。 お客様に気に入れれるということは、お客様に信用していただくということで、そこを作り出す一番は相手が何を考えているのか、何を伝えようとしているのかをしっかりと伺うということだと思っています。

ホームページを作りました。 そして? そして、どうなってますか? ちゃんと思ったような結果がでていますか? 結果というと「アクセス数がどんだけあった」というところが気になる人が多いと思いますが、本当に気にしなくてはいけないのは、ホームページを作る時にこのホームページによって得たいゴールにちゃんと到達している、もしくは到達の兆しが見えたということです。

自分でチラシを作った時に、ちゃんと印刷して確かめてますか? チラシ作りで大切なものは「余白」です。 全ての情報をちゃんと見てもらうためには「余白」が必要なのです。

ホームページのSEO的にもブログをドメイン直下に入れた方がいい。 というコンサルタントは多い。 ページ全体の情報量を多くすると、「このページはユーザーにとって価値がある」とGoogleさんが認めやすいので、Googleさんに好かれると検索順位は上がるといわれるから、それは確かに効果はある。

ホームページは簡単にできる。 できるのだけれども、ホームページをホームページの本来の役割を持たせられるものに作り上げるのは難しいということを知っておかなければならない。

どんなお客様の課題をどの段階でどれくらい解決してあげ、どういう順番でゴールを達成するのか。 この未来予想図が描けていない限り、いつまでたっても無料はいいのかわるいのか、だったらいくらもえばいいのかで悩むことになってしまう。

私のセミナーを受講して「すごくわかりました!マーケティングってそういうことですね」 とすごく納得して変えられる方がたまにいらっしゃるのだけれども、そういう方に限ってマーケティングを単なる妄想することだと思ってそこで終わっている方がいる。 この場合の特調はペルソナがしっかりと確立していないということが多い。...

美しいホームページを作りたい! と頑張って作ったページ。 一件、きれいなデザインなのですが、「???」ページが全て画像で作られているぞ? というホームページに遭遇することがあります。 SEO対策を大切にしているのなら、これはNGです。 Googleさんがこのページが優秀だなと判断するのはそこに書かれている「テキスト文字」です。...

ターゲットのいるところに出向き、見込み客を集め、信頼を得て、買ってもらう。 購入に至る段取りはなんとなくわかっていたとして、さて、どこで最初に集客をしないといけないのでしょう? 前回の「どこで集客しなければならない?①」の図を見るとお分かりのようにまずは、「見込み客集め」をしないことには始まりません。...

さらに表示する